キャンプファン

カメパのキャンプとDIYブログ

キャンプ場レビュー

野反湖キャンプ場はブログの評判通り日本一かも

投稿日:2017年9月8日 更新日:

野反湖キャンプ場

バイクで1度訪れた事のある野反湖。
キャンプをするようになってから、この地に行く事を夢見ていましたが、冬シーズンは休業。1016年は改装などが行われていたので、なかなか行く事が出来ず。
日本一になった事のある天空のキャンプ上野反湖へ7月に行ってきました。

野反湖キャンプ場基本情報

住所 〒377-1701 群馬県吾妻郡中之条町入山 国有林内
アクセス 関越自動車道 渋川伊香保から60分(1時間30分)
期間 5月1日から11月末日まで(2017年2018年)
チェックイン テントサイト10:00~17:10、バンガロー13時〜17:15
チェックアウト テントサイト・正午、バンガロー・AM10時
環境 湖畔
サイトの地面 テントサイトは、土・草。あまり大きな石などは埋まっておらず、ペグは刺しやすい
料金 バンガロー6500円〜、テントサイト1500円+1人500円
施設タイプ フリーサイト(要予約)、バンガロー(要予約)
設備 炊事場、水洗トイレ(ウォシュレット無し)、シャワー
ファミリーキャンプオススメ度 ★★★★★
ソロキャンプオススメ度 ★★★★☆
公式サイト 公式サイト
問い合わせ 090-5201-4782

野反湖キャンプ場レビュー

野反湖は、標高1500mに位置する国内でも随一の高所にあるキャンプ場です。
最寄りのインターチェンジから1時間以上かかる場所にあり、お世辞にも行きやすいキャンプ場とはいえませんが、2000m級の山々に囲まれていて大自然を満喫できる事間違い無し。

ただ、ようやく着いたと思っても、駐車場からキャンプサイトまでは2kmほどの道をリヤカーで移動しなければならず、これがかなりしんどい。
7月初旬だったので、平地では30度になる日もありますが、標高が100m上がると、気温が6,7度下がるので、平地で30度なら現地は14度程度になることを予想し、ストーブこそは持っていきませんでしたが、冬装備を持ち込んだ為、かなりの大荷物に。
リアカーで移動
妻と自分、1台づつリヤカーを引っ張り20分ほどかけて、テントサイトに到着した時には、2人とも汗だく。。

野反湖
そんな苦労もこの景色を見ながらビールをグビっとひっかければ、ふっとんでしまいます(*^^*)

一息付いたら、ちょっと散策へ。
受付からテントサイトまでの道にあった小川に来てみました。
野反湖の小川
この水が氷水のような冷たさ。脚を入れると、ジンジンと痛みます。

その近くには、管理塔へショートカットできる吊橋が。(リヤカーでの通行は不可)
釣りをしている人が多く、吊橋からでも魚が泳いでるのが分かります。
野反湖吊橋
子どもたちは、こういったスリルがある所好きですよねぇ♪

一通り散策が終わってテントへ戻ります。
今回設置した場所は、湖畔が少し見える所。
野反湖の拠点

湖畔付近は高さのある草が茂っていて、他の方のブログでは“ガ”がすんごいとの情報を得ていたので、この場所に決めました。
ちなみにこの日にはじめて自作ハッカ油スプレーを試しましたが、ブヨ被害は0で、効果があったのかもしれません。
テントサイト
結果、ガに出くわす事はありませんでしたが、ハエが結構な数いました。ハッカ油はハエには効かないようです。。

他にもこんな場所やテントサイト3

こんな場所があります。
テントサイト2
フリーサイトですが、場所が広く広場のようなロケーションもあれば、背の高い草でサイトが区画分けされた湖畔付近のエリアに分かれています。

炊事場、トイレ共に施設が新しく、掃除が行き届いていました。
野反湖炊事場
野反湖トイレ

夜、満点の星空を期待していましたが、あいにく小雨がぱらついてしまい見る事が出来ませんでした。
野反湖夜雨
しかも、この日は家族全員が体調不良などから来る「イライラ病」で、夕方6時頃にちょっとした事で喧嘩になってしまい、私はふてくされて就寝(←オレ大人になれよ。。)

キャンプをはじめた頃は、子どもたちも率先してお手伝いをしてくれましたが、短期間で行き過ぎたせいか、どこか慣れてしまったのかな。。
毎回何らかのテーマを決めて、家族全員で楽しめるようにしようと思いました(*^^*)

夜は予想通り、10度付近まで冷え込み大人も子供も防寒装備で寝袋に入りました。

野反湖キャンプ場のまとめ

リヤカーがきついとは事前情報で分かっていたものの、ここまできついとは思っていませんでした。
駐車場からテントサイトまでの道は舗装されているものの、アップダウンが激しい。

しかし、その苦労の先には素晴らしい景色が待ってます。
今回は1泊しかできませんでしたが、野反湖キャンプ場は最低2泊しなければ、ゆっくりした気がしないと思います。

それにしても景色が最高だったぁ。

-キャンプ場レビュー

関連記事

管理塔

軽井沢スウィートグラスはファミリーにおすすめのキャンプ場

ようやく行ってきました!関東で人気No1では無いかと思われる高規格キャンプ場『軽井沢スウィートグラス』。 12月3日(土)〜4日(日)の一泊でしたが、ファミリーキャンプには非常に最適。 ただし、ソロと …

本栖湖キャンプ場

本栖湖キャンプ場はファミキャンもソロにもオススメだった

6月3日4日の1泊2日で、本栖湖キャンプ場へ行ってきました! 富士山周辺のキャンプ場は朝霧ジャンボリーオートキャンプ場、西湖自由キャンプ場につづいて3回目となります。 埼玉は日中30度まで気温が上がる …

西湖自由キャンプ場[ソロに最適な湖畔キャンプ場]|レビュー

11月19日〜20日の一泊で西湖自由キャンプ場へ行ってきました。 大きなキャンプ場ではありませんが、やっぱり湖畔のキャンプ場は最高です! ただし、ボール遊びやフリスビーなどは禁止されているので、キャン …

駒出池キャンプ場

長野県の駒出池キャンプ場オートサイトに行ってきた

3連休後半の10月9日、10日の1泊で長野県にある『駒出池キャンプ場』に家族で行ってきました。 キャンプ初心者としては、キャンプシーズンは7,8,9月頃のイメージがあります。 10月は涼しいだろうなぁ …

河原:巾着田

埼玉県 巾着田での格安キャンプは予想以上に快適

巾着田は自宅から40分程の距離にあるため、埼玉に住んでから年に1,2回は訪れる場所でした。 何度も行っている場所ですが、キャンプをするようになって、はじめて巾着田でもテントを張れる事を知りました。 ブ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です