キャンプファン

カメパのキャンプとDIYブログ

vmax1200

コルビンシートでツーリングを楽に!旧Vmax用Corbinシートインプレ

投稿日:2015年6月20日 更新日:

コルビンシート

Vmaxのシートは硬いなどと言われますが、自分はちょうどよい硬さだと思っています。
柔らかいと、乗っているときの安定感というか、バンクさせる時にレスポンスが悪くなってしまうようにも思うので。

ただ、ただですね。このVmaxのシートは、お尻が痛くなります。
高速をほとんど使わない200kmほどのプチツーリング程度で、お尻の肉部分と尾てい骨あたりがしびれてきます。

8時間ほどのロングツーリングでは、頻繁に休憩を取ったり、立ち乗りをしなければ我慢ができないほど。

もともと、Vmaxのシートの形が好きではなかったので、いずれ、コルビンかデイトナのコージーシートに変えようとは思っていました。
ただ、シート自体安いものではないですし、我慢できるほどの痛みだったので、体が慣れてくれば大丈夫だろうと自分を説得していました。1泊でのツーリングに行くまでは。

初日は300kmほどを走り、2日目には初日の疲れも少し残す形で出発200kmほどを走る予定でしたが、2日目2時間ほど経過したあたりから、我慢のできない痛みが出始めます。
頻繁に休憩を取り、シートから降りれば痛みは感じなくなりますが、乗るとまた痛みが出始め、この感覚がだんだんと短くなっていきます。

自宅に到着するころには、ほとんど立ち乗りの状態で帰ってきました。
翌日も、尾てい骨は打撲したような痛みが残っていたので、シートの購入を決めたのであります。

Vmaxのシート

vmax純正シート
Vmaxのシートにはバックレストがついていて、強烈な加速のV-boostでも体が吹っ飛ばないようになっていますが、このバックレストのつなぎ目の部分には、鉄の棒が横切っています。
上部から押した程度では、あたることはありませんが、長時間こに座っていると、座面と比べクッションが薄くなっているところに尾てい骨が当たり、痛みが出る原因となっているようでした。

たまにタンデムをすることがありますが、タンデムシートの幅も非常にさまいので、自分よりタンデム側のほうがお尻がいたいはず。

デイトナかコルビンか

Vmaxのシート変えの定番は、デイトナ製のコージーシートにするか、コルビンシートの2択だと思います。
コルビンシートは既に廃盤となっているため、新品を購入することはできませんが、新型Vmax用のフロントシートで5万円ほど。
旧型Vmaxはタンデムと一体なので、新品時にはもっと高かったんだろうなぁ。


DAYTONAデイトナ/コージーシート (COZYシート) 【COMP】
DAYTONAデイトナ/コージーシート (COZYシート) 【COMP】 VMAX

対するデイトナは、2015年現在で4万ちょい。

シート高はあまり変わらないものの、コルビンは横幅が広いため足つきが悪くなるらしい。
コルビンの給油高は手が大きい人だと穴に手が入らず、給油のたびにシートをはずすらしい。
ネット上ではコルビンをつけてるほうが多そう。
コルビンのほうが長時間乗っても疲れないらしい。

などを総合的に考え、コルビンシートに決定。やっぱり、お尻が痛くならないってことが今回の購入目的なので、座面が広いってことはそれだけ、1点に掛かる圧が分散されるでしょうから。

ヤフオクでゲット

以前からチェックはしていましたが、状態のよいものだと3.5万円ほどまで競りあがってしまいます。
でも今回は本気買いなので、たまたまアップされ、即決価格が設定されていたものを2.5万円で即決落札!

即刻支払いを済ませ、連絡。
出品者の方も当日中に発送をしていただいたので、翌日には手元に届きました。

そして届いた商品がこれ。


めだった傷はほとんどなく、かなり綺麗な状態。

おぉ。これは良い買い物でした。

取り付け

ちょっと不安だったのがこの取り付け。
事前にネットで調べたりしましたが、どこで止めるのか情報がありませんでした。

結構取り付けに苦労された方のブログなどを見ていたため、心配でしたが、以外と簡単に取り付け成功。
と、思いきや、純正シートのネジが長さ不足で流用不可。

穴が開いている部分にネジを入れ、純正バックレストを止めているフレーム部分に締め付けるようです。
サイズはM6。
長さは純正20mm程度。

近所の「にりんかん」に行き、40mmのネジを購入。
なぜか、左側だけ、長さ不足。
自分の場合は左50mm、右40mmでくっつきそうです。

とりあえず、ネジなしだと危ないので、適当なネジで仮止め。

インプレ

何これすごいホールド感!!
座った感じは、純正シートより硬いですが、太ももまで座面が広がっていて、バックレスト部分がお尻にフィットするので、すごくいい!
「にりんかん」まで走った感じでは、想像以上に座りやすいのと、バンク時に太もも部分にも加重しやすいせいか、曲がりやすい(バイクが軽い)!!

週末にロングツーリングへ行くので、これは楽しみ!

2015.6.23追記

2回のツーリング。合計600kmほどを走った感じでは、お尻にはかなり優しい感じ。
乗っていて痛くなることはありませんでした。
ただ、ポジションが低くなったせいか、肩と腰が疲れやすくなりますが、恐らく慣れでカバーできるレベル。

バンクもしやすくなったので、非常に満足です。

-vmax1200

関連記事

vmaxウィンカー

ウィンカーのLED化に伴うリレーの交換をしてみた

VMAXのウィンカーってでかい! まぁ、昔のバイクですので、こんなもんだとは思いますが、もう少しスタイリッシュで小さいウィンカーにしたかったので、先日楽天でLEDウィンカーをゲットしました。 2つ入り …

ゲイルスピード

vmaxのホイールをゲイルスピードに交換レビュー

カスタムの中で高価な部類に入る、ホイールのリプレイス。 遂に、ようやく、交換する事が出来ました。 いきなり交換後の写真ですが、 タイヤはメッツェラーのM3を履きました。 ホイールを変える理由 そもそも …

セルスターDRC300

バイクバッテリー充電機DRC300でVMAXのアイドリングの安定化

VMAXと言えば、弱々しいバッテリーが有名ですが、車体によってはファンが回り始めるとアイドリングが不安定になり、信号待ちなどでエンジンストップしてしまう事もあるという情報が多数見られます。 かくいう僕 …

yamaha-v-max-1200-09

旧型V-MAX1200の購入と動機

大型免許を取る事を決めてから数日後、自分が探していたバイクはV-MAXだと確信し、Gooバイク等のサイトで、早速物色を開始。 V-MAXとは V-MAXは、1985年からアメリカで発売が開始されたロン …

マキシマバッテリー

バッテリー交換。マキシマバッテリーMB16AL-A2

本格的にシーズン到来で、冬場に予定していたメンテナンスができていない事もあり、メンテナンスが続きます。 今回は、Vmaxのバッテリー交換。 ネットで調べると、交換が面倒らしいですが、まぁ、自分でできる …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です