キャンプファン

カメパのキャンプとDIYブログ

初心者

キャンプ場の料金は以外と高かった!相場とキャンプ場の探し方

投稿日:2016年9月22日 更新日:

キャンプ場の探し方

キャンプ用品も揃え終わり、
「今度の週末にどのキャンプ場に行こうか?」
関東周辺のキャンプ場をネットで探していくと、ある事に気がつきます。

キャンプ場ってこんなに高いの!?

キャンプ場料金の相場

首都圏から近いほど、また設備が充実している程、キャンプ場施設を利用する料金が高くなる傾向にあります。
また、本やキャンプ場検索のポータルサイトで、大きな掲載枠のキャンプ場も高い傾向で、家族4人のファミリーキャンプで5000円〜1万円程度します。

わが家はキャンプ初心者という事もあり、何となくのイメージで、切り開いた山のちょっとしたスペースをレンタルしているだけだから、2,3千円程度なのかと考えていましたが、高い所だと1泊2万円もする所があります。

料金の見方

キャンプ場の運営するWEBサイトは、当然そのサイトごとに異なるので、料金が分かりやすい場合もあれば、よくわからないような書き方をしている事もあります。

大体のキャンプ場の料金システムは下記のような感じになっています。

  • キャンプサイト利用料:テント1つ、タープ1つを設営するスペースを借りるための料金で、電源付きエリアか電源なしかにより、2千円程度の差が出ます。
  • 駐車代:車1台の駐車料金が必要となるキャンプ場があります。この料金設定をしているキャンプ場は高めのイメージがあります。
  • 利用者:利用する人数分の料金が必要となる事がほとんどで、大人料金と子供料金に分かれている事が多いです。また、犬を連れて行く場合に大人以上の金額がかかるキャンプ場もありました。

ほとんどのキャンプ場 はシーズンによって、値段のランクが3段階程度に分かれています。
当然、利用者の多いシーズン料金は冬場などに比べて高額に設定されています。

キャンプ場の探し方

キャンプ場の探し方
穴場的なキャンプ場は、キャンプ場予約のポータルサイトや専門誌などに情報が掲載されていない事が多いです。
恐らく、掲載する為には広告宣伝費が必要となるので、敷地面積が狭く、広告の費用対効果が取りにくいキャンプ場などは載せないのではないかと推測できます。

そういったキャンプ場も最低限のWEBサイトを運営していますので、「地名+ロケーション」などのキーワードを組み合わせ、Yahoo!等の検索エンジンで探す事ができます。

ポータルサイトに掲載していないキャンプ場は、当然利用者も少なくなるので、混雑しにくいなどのメリットがあります。

こういったキャンプ場を探す為には、利用した事のある方のブログを参考にすると、写真付きで良い部分、悪い部分が紹介されているので、数あるキャンプ場の中から、候補を絞り込む事ができます。

-初心者

関連記事

七輪でバーベキュー

バーベキューコンロを4つ購入した結果おすすめのグリルが見つかった

わが家ではこれまでに4つのバーベキューコンロを購入しました。 一つは七輪なんですが、子供が小さい4人家族なら七輪でバーベキューができるので1つにカウントしています。 なぜ4つも買ったのかと言うと、用途 …

タープに霜

氷点下の冬キャンプは電源付きサイトがおすすめ

先日、軽井沢スウィートグラスに行った時、夜中の気温はマイナス6度まで冷え込みました。 朝7:30の気温でもマイナス2度です。 12月上旬にも関わらずこの気温は予想していなかったものの、予約をした時に電 …

趣味ブログ

趣味ブログに無料サービスがダメな3個の理由

この「キャンプファン」は、アメブロなどの無料ブログサービスを利用せず、自分でレンタルサーバーを借りて運用をしています。その費用も月に数百円です。 無料ブログサービスを比べると、少し難易度が上がりますが …

子供のキャンプ

子供とキャンプに行ける年齢っていつ頃?

子供が大きくなってきたからそろそろキャンプにでも行くか。 なんて話しをわが家でも数年前にした事があります。 その当時は長女が3歳(幼稚園入園)になったばかりで、ママは次女を授かっていました。 当然シー …

キャンプ用品リスト

キャンプ道具を一通り揃えて分かった必要なものリスト

キャンプ道具を1から揃え始め3週間後に初キャンプに行きました。 色々と下準備をしたかいもあり、不便すぎて困る自体には陥りませんでした。 そして、早く2回目のキャンプに行きたい気持とは裏腹に、台風、体調 …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です