キャンプファン

カメパのファミリーキャンプブログ

キャンプ用品

コールマンスポーツスターⅡは家庭用コンロ以上のパワー![レビュー]

投稿日:2016年12月8日 更新日:

コールマンスポーツスターⅡ

もらいもののかなり古いガスバーナーの交換ガスが購入できない為、新たにホワイトガソリン燃料での使用が可能なコールマンのスポーツスターⅡを購入しました。
関連:キャンプ用シングルバーナー買い替え!ガソリストーブの比較

開封の儀

まずは開封の儀。
スポーツスターⅡ外箱
箱は、コールマンのランタン同様にしっかりと梱包されています。
外箱裏:スポーツスターⅡ

ケース:スポーツスターⅡ
スポーツスターⅡは専用のケース付きとなっています。
コールマンからはホワイトガソリン燃料のバーナーがもう1機種(フェザーストーブ442-726J)発売されていますが、こちらには専用ケースが付属されていません。

この赤いコックを回す事で火力の調整を行います。
ガソリン系のバーナーは火力調整が弱点との事ですが、実際の所どうなんでしょうか。
燃料レバー:スポーツスターⅡ

ガソリンランタン同様に、ガソリン燃料を使う燃焼器具は、ポンピングを行う事でタンクに圧力を加え燃料を押し上げる必要があります。
ポンプノブの作りもランタンと全く同じものを使っているようです。
ポンプノブ:スポーツスターⅡ

台座(五徳)はしっかりハマっているわけでは無く、指で押すとチャカチャカと音を立ててずれます。
形はしっかりしていますが、鍋など載せた場合の安定感が心配な印象を受けます。
とはいっても、燃料が空の状態で1kg弱の重量があるので、安定感はあります。
ジェネレーター・五徳:スポーツスター

底面にはUSAの表記が。中国製では無いようです。
底USA表記:スポーツスターⅡ

スポーツスターⅡの威力

スポーツスターの基本スペックは以下の通りです。

価格:8,121円(Amazon)
火力: 最高時(約)2,125kal/h
燃料タンク容量: 約520cc
燃焼時間:(約)1.5~3時間
サイズ: (約)直径14×14(h)cm
重量: 約960g

2125kcalの燃焼パワーと言われてもどの程度なのか正直よく分かりませんので、実験として、1リットルの水を何分で沸騰させるかを試してみました。

まずは、着火です。
燃料を投入し、ポンピングを済ませます。
ガソリン系はジェネレーターを予め熱しておくと、着火時の炎上を最小限に抑える事ができますが、無くても着火は可能。
結構火柱が高くあがりました^^;
一応プレヒートはした方が安全そうです。
炎上:スポーツスターⅡ

1リットルの水を沸かす部屋の室温は17度。
室温17度:スポーツスターⅡ

五徳が少し浮いているのか、ケトルが安定しないのが気になりました。
強火の状態でしばらく待ちます。
燃焼パワー:スポーツスターⅡ
火力強火:スポーツスターⅱ

沸騰までにかかった時間は4分34秒でした。
いままで使っていたガスバーナーだと、屋外ですが15分以上かかっても沸騰しない事がありましたのでかなり早く沸騰した感覚です。
また、温かい室内で行いましたが、ガソリン燃料のバーナーは低温時にもっとも威力を発揮しますので、フィールドで使うのが楽しみ。

この沸騰までの時間が早いのかが分かりにくいので、比較対象に家庭のガスコンロでも同様の条件で、実験をしてみました。
家庭用コンロ

沸騰までの時間:タイマー
この時にかかった時間は、5分32秒。

スポーツスターは、強火の状態では、周りにいても熱風が来る感覚がありますし、火が上がるので見た目的には火力が強そうでしたが、なんとなく、家庭用コンロの方が早く沸騰すると思っていたので、以外な結果でした。

オプション品でストーブにも

ヒーターアタッチメント
今回は、スポーツスターⅡにくっつける事でストーブになるというオプションコールマン遠赤ヒーターアタッチメントも一緒に購入してあります。
僕の大好きなAmazonでは欠品中だった為、しょうがなく500円+送料分お高いですが、ナチュコムで購入しました。

S字フックの様な金具が付いていますが、説明書によると、熱くなったアタッチメントをこれで取り外すようです。
しかしアタッチメントは、結構な力で五徳に装着しなければ、うまく固定できないので、S字フックは使えない代物になりそうです。
ヒーターアタッチメント上部
中:ヒーターアタッチメント

台座部分がチャカチャカと動くので、しっかり奥まではまっていない感はありますが、おそらくこの状態で着火すれば、アタッチメントから遠赤外線が放出され、周りが暖かくなるという原理のようです。
アタッチメント装着:スポーツスター

今日は、室内だったので、後日試して見ようとおもいます。

コールマンスポーツスターⅡのまとめ

心配していた火力の部分は十分に満足できるものでした。
特に弱火と言われていますが、着火後に火力が安定してしまえば、十分に弱火の状態にする事ができました。
一方、不満点としては、あまり軽いものを乗せるとケトルの一部が浮いた状態になり、安定感にかけるので使用で注意が必要です。

上部の台座部分を取り外したり、畳んだりする事ができないので、ガスバーナーとくらべると大きいです。
でもガスバーナーってガスを何本か持ち運ぶ必要があるので、結局の所、一つの燃料に統一できるガソリンバーナーの方がわが家ではコンパクトになるので、満足できる買い物となりました。

追記2016.12.13:なにやらジェネレーターの曲がりが悪影響をしていて鍋などを上に乗せるとグラグラする状態になっています。スポーツスターⅡの安定感が無い!ジェネレーターおかしくね?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcamp fanをフォローしよう!

-キャンプ用品
-

関連記事

コールマンの椅子・滝

ローチェア比較!そろそろキャンプ用の本気椅子が欲しい!

キャンプを始めた時は(まだ2ヶ月しか経って無く5回も行きましたが)、初期費用を抑えたいので、あるものはそのまま利用してきましたが、5回程キャンプにいくと、これのキャンプ道具はこうなっていた方が使いやす …

クロックスブーツallcast2.0

クロックスブーツallcast2.0が暖かすぎ!冬キャンプに最適

先日、年明けのお買い物に出かけた時、とっておきのブーツに出会ってしまいました。 その名は『クロックスオールキャスト2.0』 まるでソレルのカリブーかと思うフォルムです(笑) 実はこの前、2回目のワーク …

ユニフレームファイアグリル

ユニフレームの焚き火台ファイアグリルを購入!スノピ・ロゴス比較

キャンプ道具を一式そろえた時に、ユニレームのファイアグリルも購入しました。 10回ほど使用したので、使い勝手などをレビューしてみたいと思います。 コスパが抜群 キャンプ場は直火禁止の場所が多いので、キ …

焚き火テーブル:ユニフレーム

焚き火テーブル(ユニフレーム)はレビュー通りの優れものだった

毎週キャンプに出かけてるのに、どんどんとキャンプ用品が増え続けてリビングがAmazonのダンボール箱で埋め尽くされそうになっているカメパです。 焚き火テーブルの比較記事を書いてから少し間が空いてしまい …

ホワイトガソリン携行缶

ホワイトガソリンの価格が高いので格安品を購入

キャンプで使用する燃料は、ガス、ガソリン、灯油、電池などが主流となっていますが、その中でも燃料費のランニングコストが安く抑えられるガソリン(ホワイトガソリン)は、ランタンやバーナーなどに使う事ができ、 …