キャンプファン

カメパのファミリーキャンプブログ

キャンプ用品

ツールームテントの大きいグラドシートにはコレがおすすめ

投稿日:2016年12月12日 更新日:

グランドシートユタカ

テントを購入した場合、インナーマットとグランドシートを別に用意する必要がありますが、グランドシートに限って言えば
・結露の防止
・テント底面の傷つき防止
の2点が主な機能となります。

テントにインナーマットとグランドシートがセットになっている商品もありますが、

別売りで買わなければならない場合や新たにグランドシートを買い増す場合

はちょっとまってください!

ユタカシートがオススメです。

ただのブルーシートでは無い

ユタカシートはブルーシートとスペックが違います。

まずは色。ブルーではありません!!(笑)以外と重要だったりします。

普通のブルーシートは質量が0.33(kg)に対し、ユタカシート0.75(kg)あります。

重量は1.8m☓1.8mの大きさで比較すると
・ブルーシート:331g
・ユタカシート:499g
と1.5倍以上重たいのです。
重たいという事はしっかりしているという事。
実際、結構厚みがあり、ロゴスのグランドシートも保有してますが、ユタカシートの方がしっかりとしています。

このユタカシートは『冬キャンプの寒さ対策に暖房とロースタイルの検討』を書いた時、大きいグランドシートを探していて偶然発見しました。
最初はブルーシートをポチったんですが、グランドシートってチラって見えるじゃないですか^^;
ブルーシートはさすがに恥ずかしいなと思ってたらみつけました。

ちなみに購入したのは3.6×5.4の大きさです。
この大きさはロゴスのツールームテントより少し大きい程度なので、端っこを内側に折り曲げて使っています。
内側におる事で、下からの隙間風が防げますし、寝室部・リビング部全てを覆う事ができるのが以外と便利なんです。

ロゴスのツールームに推奨されているピッタリグランドシートは292cm☓292cmで、たしかにピッタリはまりますが、Amazon価格で2500円します。

このサイズのユタカシートは、3.6m☓3.6m(1800円)か、3.6m☓5.4m(1700円)になります。
大きい方が安いのは、流通量のせいだとは思いますが、どちらも#3000タイプなので、ロゴス純正品より厚みがあります。

お座敷スタイルには最適

テント内:お座敷スタイル
虫が少ない秋〜冬のキャンプでは、2ルームテントをシェルターの様に、インナーテントを付けずにお座敷スタイルにする事ができます。
またインナーテントを付けても前面お座敷として使う事もできるので、予想以上にリラックスができます。

リビング部にテーブルを入れる場合は、半分を折りたためば完成するので、テント設営後にも手軽にレイアウト変更が出来てしまいます。

ロゴスぴったりグランドシートの不満点

一つ目は価格です。
今回ユタカシートを買って、純正品の様なぴったり感はありませんが、UVカット使用で厚みもあり、しかも倍の大きさです。
ロゴスさん!価格設定もう少し見直してほしいっす。
(スノーピークのランドロック用グランドシートは9800円もするので一応良心的な価格なのか?)

2つ目は、付属の袋に入れにくすぎる!
適当に折りたたんだ場合は100%入らないので、購入時と同じ折り目で丁寧にたたまないと収納ができないんです。
もう少し大きくしてくれればいいのに。

その点、ユタカシートは袋は付いておらず、3.6m☓5.4mタイプだと、スーパーのレジ袋(小)程度の大きさになります。
厚みがあるので、ロゴスほどコンパクトにはならないものの、グランドシート自体結露が凄いことになって、落ち葉とか土が付きますから、綺麗に折りたたみたくないんです。

手が汚れない様に適当に折りたたんで、家で乾燥させたい!ってのは自分だけでは無いと思うんですよねぇ。

新たにグランドシートを購入する方には非常にオススメです。

Amazonで見てみる

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でcamp fanをフォローしよう!

-キャンプ用品

関連記事

コールマンの椅子・滝

ローチェア比較!そろそろキャンプ用の本気椅子が欲しい!

キャンプを始めた時は(まだ2ヶ月しか経って無く5回も行きましたが)、初期費用を抑えたいので、あるものはそのまま利用してきましたが、5回程キャンプにいくと、これのキャンプ道具はこうなっていた方が使いやす …

オピネル黒錆加工

オピネル#10をキャンプナイフに選択!黒錆加工も

こんにちわ!カメパです。 アウトドアショップに足を運ぶと必ずと言っていいほど取り扱われているキャンプナイフに「OPINEL」があります。 ナイフの中では非常に安価な部類に入りますが、オピネルは120年 …

トヨトミ石油ストーブ

冬キャンプ用にトヨトミの石油ストーブGet!

10月に入ると、朝晩の冷え込みは加速し、山間部では10度を下回る事もあります。 最低限のキャンプ用品を揃え、キャンプをはじめましたが、流石に先日の駒出池キャンプ場では、朝方寒くて何度も起きてしまいまし …

ガソリンランタンの使い方

ガソリンランタン使い方・マントルの空焼き・ポンピング

LEDランタンのように電池を入れてボタンを押すだけで明かりがつく照明器具は便利ですが、キャンプ初心者のイメージとしてはちょっとワイルドさに欠けます(笑) 手軽に使えるLEDランタン以外には、ガス缶を使 …

ユニフレーム焚き火テーブル

焚き火用ミニテーブル比較〜ユニフレーム焚き火テーブル購入

キャンプをするようになり初めて分かった事。それはキャンプサイトでのスノーピークテント使用率が異様に高いという事。 デイキャンプが中心だった頃は、知っていたブランドと言えば、ロゴスとかコールマンとか、ホ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です