フルタイムVブーストからハーレー?

フルタイムVブースト

Vmaxには6000回転から始動するVブーストという機構がついていて、6000回転を超えると怒涛の加速を味わう事ができます。
でも6000回転って、街乗りだとそんなにぶん回す事も無いし、せいぜい高速に乗る時や追い越し時。
峠でかっ飛びたい時なんかしか体感する機会も無いわけです。

このVブーストを3000から作動させたり、常時Vブーストが掛かっている状態にするフルタイムVブーストというキットが販売(配線加工で自分で作る事もできるらしい)されています。
自分が買ったのはフルタイムVブーストコントローラー・ニュートラルカット()付きというもので、ヤフオクで購入。

フルタイム化するとアイドリングが不規則になったりするようで、ニュートラル時には通常モードに切り替えてくれるというもの。
フルタイム、通常、Offモードがついています。

取り付けは簡単で早速、試乗してみると、うん。すごすぎ!!
かなり気持ちい加速をしてくれます。
回転数が一気に上がっていくようで、フロントがウキそう!!

このキットで、クラッチを切っている時にはOffにならないわけですが、その時のアイドリング音はまるでハーレーの三拍子のような音。
加速ももちろん楽しいんですが、信号で泊まる時、ニュートラルに入れないでわざわざクラッチ握ってしまうほど面白い音です。

なんとなく、これがきっかけでハーレーという選択肢を考えるように。

ハーレーの選択肢はありか

v-maxはとても楽しいバイクだと思います。カスタムしていけば、ワインディングだってそこそこいけますし、ネイキットでもアメリカンでもないごっつい車体は、やっぱりカッコイイ!

でもロングツーリングに行く時は、この車体はメリットですが、3〜4時間のショートツーリングだと、どうしても高速にのるまでの街乗り時間が1,2時間含まれてしまうので、かったるい。
vmaxの車重は街乗りではただただ疲れます。そして熱い。

毎週のように乗っていますが、ロングツーリングは年に数回程度。ほとんどがショートツーリングの自分にとってvmaxという車体は大きすぎるのです。

このように感じはじめたのと同じ次期に、フルタイムVブーストによって味わった不規則なアイドリング。
なんというか、エンジンって生きてるみたいだなぁと感じたわけです。
エンジンの鼓動を感じる=ハーレー
といっても過言ではないほど、ハーレーの三拍子は他のどのバイクにも無い味わいです。

でも、Vmaxを買った時はハーレーの選択肢は全くありませんでした。
それは、「ハーレー乗ってる人ってなんかめんどくさそう」という偏見と、細かく車種が分かれているのに一括りでハーレーって呼ばれていて、玉数が多すぎるから。
vmaxはあまりいませんから、乗ってるだけで目立ちますしね。

でも、今はハーレーに乗りたい!次の車体はハーレー一択!!
な状態になってしまってます。

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です