スポーツスターXLH883 2003年式を購入

スポーツスターXLH883

先週末、Gooバイクをじっくりみていて、キャブ+リジットマウントの高年式に当たる車両を多く持っている店舗が都内にある事を知り、現物を見に行ってきました。
まぁ、その場で買っちゃったんですけどね(・∀・)

2003年までのモデルはリジットマウント、それ以降はラバーマウントになっていて、エンジンとフレームの間に振動を抑える緩衝材が入っているか否かの差があります。
普通の乗り物って、振動があると不快に感じたり、ネジが緩みやすかったり、壊れやすかったりするので、できるだけ振動を抑える工夫をするらしいですが、ハーレーは最近までその部分にはノータッチだったというから驚きです。

購入したのは、エンジンとフレームが直付けされているリジットマウントのもの。
最近ハーレーは、エンジン部分に結晶塗装のようなものをしています。ラバーマウント=結晶塗装エンジンでは無いと思いますが、そのお店にあった車体はそんな感じでした。

本当に好みなんでしょうが、綺麗に磨かれた素材丸出しのエンジンを見てると、メカメカしくてかっこいい。
塗装されたエンジンは、国産車っぽいというか、磨きがいもなさそう。

あと、どうせハーレー乗るなら振動味わってみたいじゃないですか。ハーレーの振動は嫌にならないっていいますし。
でも高速で100km以上出すと、手がしびれてくるらしいので、高速巡航速度は100km程度らしいです(*^^*)

納車まで

このお店。キャブやらフロントフォークをオーバーホールしてから納車をするらしく、1ヶ月かかると言われました。
確かVmax買った時は2週間程度で納車されたので、これには驚きました。

なぜそんなに時間がかかるのかと言うと、
1,部品交換する場合、発注してから到着するまでに2週間以上かかる場合がある。
   輸入車らしいですね。
2,オイル系は全て交換するが、その後数十キロしっかりと試乗し、オイル漏れをチェックしないといけない
   オイルが滲むのは普通らしいです(T_T)まれにオイルがぼたぼたと垂れる事があり、その場合は一からやり直す為余裕を持っているとの事でした。

プチカスタム

外装やキャブなどはじっくり自分でやっていきたいですが、電装関係は苦手なので、お店にお願いする事にしました。
やってもらうのは、メーターのサイドマウント化とハンドル変更。

チョッパーカスタム路線なので、ハンドル周りを少しでもすっきりさせていので、メーターはエンジン横にマウント。
それに伴い、各スイッチ類と配線を最小限の露出にするカスタムをお願いしました。

納車されたら、純正のダサいタンクを小型に変えて、ペイントして、ライト変えて、フェンダー変えて。。。
いやぁ。納車が待ち遠しい!

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です