バイク用シートカバーの選び方と種類

バイクカバー

新しいバイクを購入したら、傷つけないように細心の注意で乗る人がほとんどでしょう。
その為、できれば購入前にバイクカバーは用意しておくのが理想的です。

でも、バイクカバーっていろいろな価格帯があって、何が違うの?って思いませんか?
高いバイクを買った後ですから、できれば出費は抑えたいけど大事な愛車をしっかりとガードしてくれるか心配ですよね?

このページでは、そんなシートについてのお話です。

バイク用シートカバーの役目

どの値段のものを選ぶのかを考える前に、まず、カバーそのものがどういった目的で必要なのかを考えてあげましょう。

雨・ホコリをしのぐ

バイクは車と違い、エンジンやエアーフィルター(空気を吸い込む場所)がむき出しの状態になっています。(カウルに覆われている車種もある)そのため、雨が降ればエンジンは濡れますし、風がふけば砂ぼこりが見えない所に入り込みやすい作りになっています。
程度は違えど、鉄で出来た乗り物なので、雨ざらしの状態に放置すればすぐに錆びてしまいます。
第一にバイクカバーをかける目的は、雨が直接バイクにかからないようにする事にあります。

盗難されにくくする

バイクの窃盗団が、通りかかた道に新しいバイクがあったら、かっこうの的にするはずです。
シートをかける2つ目の目的は、こういった不用意に人目にさらさない事にあると思います。
特に、高価なパーツが付いたバイクは、バイクそのものは大丈夫でもパーツだけ盗られてしまう事もあるので、不用意に人目につく置き方は避けた方がよいでしょう。

直射日光から守る

バイクの部品は直接外から触れるものも多く存在します。
その中で、ゴムや革の部分は紫外線により硬化したり変色する事があります。
カバーを掛けることで、直射日光を遮り、強い紫外線が直接車体に当たるのを防ぐ効果が期待できます。

カバーに求める事

防水性

カバーの役目の1つ目は、防水性にある事はお伝えしましたが、ほとんどの製品が水を通しにくい繊維でできているので、この点はクリアーしていると思います。

防風対策

風がふけば、近所の砂ぼこりも一緒に飛ばされてきますが『バイクカバーも一緒に飛んでいった』ということにならないように、掛けるだけでは無く、バイクの腹でくくれる紐かベルトが付いているものがいいです。

もし付いていないのであれば、バイクにシートを掛けた状態で、バイクをまく感じでロープでしっかりと結んでおきましょう。
せっかく雨をしのげるカバーでも、風が吹いてヒラヒラしてたら、雨ざらしと同じ状態になってしまいます。

内張りの耐熱性

特に普段からバイクに乗る方は、家に付いた直後にカバーをかけますが、エンジンやマフラーが外に出ているバイクは、高温になります。
そこにビニールを付けたら溶けてしまうことは容易に想像ができるはずです。
しかし、安物のカバーだとペラペラのビニールという事があり、停止直後にカバーをつけると、カバーに穴が開いてしまう事があります。

普段から乗らない方は、降りてから少しまってカバーをするのも苦にはならないと思いますが、耐熱になった製品の方が、使い勝手は良いです。

通気性

いくら防水加工がしてあるバイクでも、青空駐車をしていると、雨が降った地面からの水蒸気がカバー内に溜まり結露を起こす事があります。
そのままだと、カバー内の湿度が高い状態となり、サビがつきやすい状況になります。
特に日頃から、バイクに乗らない(月1回程度)方は、排気ができる穴の開いたシートにしておくと、内部に湿気がこもりにくくなるので、保管の状態がよくなります。

鍵穴付き

保安上の部分になりますが、カバー自体に鍵穴が空いていた方が、カバーとバイクを一緒にロックする事ができるので、盗難防止的には優位になると思われます。
また、ロックをする事で、風でカバーが巻き上がりにくくなるので、この点も使い勝手の点で有利です。

耐久性

雨風・紫外線にさらされるカバーは結構劣化が早く、100均などでかった自転車カバーなんかは、数日で穴あき状態になりました。
耐久性は使ってみないとなんともインプレのしようがありませんが、一つは厚手のカバーを選ぶ事だと思います。
安いものほど薄く、ペラペラなので、そういった点では、少し高いくらいの商品を選んでおくのが無難かもしれません。

バイク用カバーのまとめ

上記に上げた条件を全てクリアーしている商品は結構高額になります。(恐らく1万円程度)
上記に加え、耐火性能を加えると、最高級のカバーがてにはいりますが、管理人にとっては、カバーよりパーツとかにお金を書けたいので、比較的安いものを使っています。

V-MAXは車体が大きいので、商品によってはここまでサイズが大きいものが無いものもあります。
この商品は、金額的にもかなり安い方なので、ペラペラを覚悟していましたが、過去に買った6000円の商品と同じ程度の厚みがあり、しっかりしています。
鍵穴も前輪、後輪の2箇所ありますので、両方をロックしてしまえば、風で飛ばされる心配もありません。

現在使用1ヶ月経った程度ですが、費用対効果は抜群です。

購入する際は、ご自身のバイクがどのサイズに合うのかを確認しましょう。

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です