キャンプファン

カメパのファミリーキャンプブログ

キャンプ用品

薪ストーブキャンプは初心者向きか?冬の暖考察

投稿日:2016年12月1日 更新日:

煙突

11月に入ると、早くもキャンプ場によっては、テントから煙突を突き出しモクモクと煙を登らせる光景を見る事ができます。
このページを見ている方は、冬キャンプの暖のとり方に、薪ストーブや石油ストーブを検討されている方かと思います。
かくいう私も、1ヶ月前からキャンプの冬スタイルを色々と検討した結果、石油ストーブを購入しました。
関連:冬キャンプの寒さ対策に暖房とロースタイルの検討
関連:冬キャンプ用にトヨトミの石油ストーブGet!

ただやっぱり憧れといいますか、なんか本格的っぽい雰囲気を醸し出す薪ストーブは憧れてしまいます。
石油ストーブに至った主な理由としては
・1泊2日がメインとなるファミリーキャンプで石油ストーブの設置は面倒なのでは?
・テントの加工や煙突に工夫が必要でかなり大掛かりなのでは?
・家とキャンプの兼用が出来ないので、キャンプしてない時は置き場にこまるかも。
などなどです。

今年の導入は流石に石油ストーブを買ったばかりで、大蔵省から確実にクレームが入りますので、来年の為に色々と調べてみました。
これからの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

薪ストーブとキャンプ

テント内に薪ストーブを入れるのが始まったはあまり古い事ではないみたいです。
昔は入れていたのかもしれませんが、現在薪ストーブを入れるのはスタイルというか、オシャレな暖のとり方としての意味合いが強いのかもしれません。

キャンプ全般に言える事ですた、オシャレな人ほど昔の製品(木製とか、手間がかかるランタン)とかを持っています。
昔のものは高いですよね。

薪ストーブの燃料となる薪も、自宅に薪ストーブがあって、冬中薪を使う方でなければ、自分で収集するほどの方もいないと思うので、石油燃料の方が安価です。

一方で暖かさの面で考えると、テントに持ち込まれるストーブは一般的には小型なものが多いようで、発熱量2.65kw〜5kwほど。(関連:冬キャンプ用にトヨトミの石油ストーブGet!
薪ストーブはというと家に常設するような大型のものになると3000kcal以上あるものが流通しているようですが、キャンプの為に持ち運ぶものは小型なので、そこまでの暖かさは無いのかもしれません。

先日購入したトヨトミの石油ストーブは、キャンプ用ストーブよりかなり大型ですが、6.66kWなので、薪ストーブ並の暖かさを出す事ができます。

薪ストーブの手間

薪ストーブは3回、人を温めてくれると言われるそうで、
1.木の伐採、2.薪割り、3.ストーブで燃やす時
らしいです。伐採から行う方は本格的な薪ストーバーだと思いますが、薪は購入すれば、30kgで2000円以上になります。
関東の一般家庭に薪ストーブを入れ、それだけで冬を越す場合、1000kg(=1トン)の消費にもなるそうです。
薪代だけでも7万円弱。送料を含めれば10万円を超えるでしょう。

薪は収穫場所を確保できれば、ほぼ無料で収集する事ができ、薪ストーブ愛好家の方はそうしているらしいです。
ただし、収集した薪は2年ほどは乾燥させる必要があるので、薪をストックしておく場所を確保する必要があります。

キャンプでは1晩で1束(700円程度)の消費でしょうから、そこまで大きなコストにはなりませんが、焚火+薪ストーブとなると燃料費もばかになりません。

その他の手間という意味では、煙突の清掃や設営などがあります。
テントの設営に加え、このような作業が発生する事を予め考慮しておく必要がありそうです。

西湖自由キャンプ場に行った時、薪ストーブの着火式?のようなものが行われていて、購入後1度も使用していないストーブを2家族で組み立てていました。
2時間ほどかかってようやく火が入ったのを見て、薪ストーブは大変なんだぁと感じました。

キャンプ向き薪ストーブの種類

小川キャンパル ちびストーブ3

小川キャンパル ちびストーブ3
価格:37,584円〜(Amazon
サイズ:幅28×奥行40×高さ150cm
重量:約5.2kg

テンマクデザイン iron-stove 改

テンマクデザイン iron-stove 改価格:53,000円(Amazon
サイズ:高さ300mm☓幅750mm☓奥行き 380mm
重量:21kg

ホンマ製作所 クッキングストーブ

ホンマ製作所 クッキングストーブ
価格:53,000円(Amazon
サイズ:幅35×奥行35×高さ45cm
重量:6kg

ドッペルギャンガー はじめてのまきちゃん

はじめてのまきちゃん
価格:24,000円(Amazon
サイズ:W384×D422×H310mm
重量:12.5kg

キャプテンスタッグ かまど煙突ストーブ焚火台 UG-11

かまど煙突ストーブ焚火台 UG-11
価格:11,308円(Amazon
サイズ:幅450×奥行550×高さ950mm
重量:6、3kg

ペトロマックス キャンピングストーブ Loki

トロマックス) キャンピングストーブ Loki
価格:42,000円(Amazon
サイズ:83.5×241×55cm
重量:12.2kg

薪ストーブのまとめ

やっぱりですが、見ていると欲しくなります!もしかしたら今年のシーズン中に買ってしまうかも♪
薪ストーブって、その上で料理を作ったりする事もできますし、台が安定しているのでダッチオーブンなど重たいものでも乗せられるのがいいですよね!

テント内での使用は一酸化炭素中毒の危険が常に伴いますので、自己責任で安全面を確保して行いましょう。

-キャンプ用品
-

関連記事

スノーピークイート

昭島モリパークアウトドアヴィレッジの”スノーピークイート”に感動

11月23日の祝日、2連休だったらキャンプに行ってましたが、1日だったので近所にアウトドアショップが無いかと探した処、東京都昭島市にアウトドア専門のショッピングタウン『アヴィレッジ』があることが分かり …

ホーローマグカップ

キャンプ用に保温性の高いor直火OKのマグカップを比べてみた

わが家では、実家の倉庫に眠っていたホーローの食器セットをキャンプで使っています。 ケトル、鍋、皿、マグカップと全部が揃っていて統一感がありますが、冬キャンプ(外気温10度以下)だと、温かいコーヒーを入 …

ユニフレームファイアグリル・焚き火ハンガー

ユニフレームのファイアグリルは最高!設置注意!

先日、ユニフレーム焚き火台のレビューを書きましたが、お恥ずかしい事にこの時まで、設置方法が間違っておりました! 逆に間違った設置方法だったのにあの安定感は素晴らしいですし、そのおかげで新たな使い方を発 …

ユニフレーム焚き火テーブル

焚き火用ミニテーブル比較〜ユニフレーム焚き火テーブル購入

キャンプをするようになり初めて分かった事。それはキャンプサイトでのスノーピークテント使用率が異様に高いという事。 デイキャンプが中心だった頃は、知っていたブランドと言えば、ロゴスとかコールマンとか、ホ …

いぶし処 お手軽香房

キャンプにおすすめの燻製器!いぶし処

みなさんは、キャンプの時の食事って何を食べていますか? キャンプでのド定番と言えば、 アヒージョやBBQ、カレーなどがありますが、わが家では最近、燻製にハマっています。 初めて燻製をしたのは、ダッチオ …