キャンプファン

カメパのファミリーキャンプブログ

キャンプ用品

キャンプにコットが欲しい!おすすめコットを探してみた

投稿日:2016年12月13日 更新日:

テントの中

キャンプに使うベットのコットは、デコボコしたフィールドでも快眠ができるキャンプ用品として販売されています。
ファミリーキャンプで最初に揃えるべきギアでは無いと思いますし、人数分揃えるとかなりの出費と積載量になるので、今までは注目していませんでした。

ただ、寒さが厳しくなるにつれ、底冷え対策の重要さをひしひしと感じていて、ちょっと欲しいなぁなんて思っていました。
先日、巾着田に行く前、フィールドが石ころだらけだったので、その前に購入しようかとも思いましたが、4人分は買えませんし、自分だけコットに寝るのもちょっと申し訳ないと思ったのですが、巾着田には子供の遊べるような遊具などは無く、椅子に寝っ転がっていたりしていたので、気軽にゴロゴロできるベンチチェアーとして1台あってもいいのかなぁ。と思い、いろいろと比較してみました。

コットの種類

コットは金額的には3000円程度から4万円程度までとかなり幅があります。大体寝袋の価格帯と似ていますね。
種類を分けるなら、高さになりそうです。

高さが地面からの高さが20cm〜30cm程度のものはローコット、35cm以上のものはハイコットと分類してみました。

ローコット

収納がコンパクトが売りで、子供が落っこちても安全。コットの下には靴程度のものしか置けない。

ドッペルギャンガー アウトドア ワイドキャンピングベッド

ドッペルギャンガー アウトドア ワイドキャンピングベッド
価格:¥ 5,304(Amazon)
使用時:(約)幅77×奥行き190×高さ19cm
収納時:(約)4×20×長さ80cm
重さ:4.6kg

横幅が77cmあり寝返りも楽ちんな広さ。実際にフィールドで何度も見ましたが19cmの高さはほとんど地面すれすれに見えます。
また幅は大人2人でも寝れそうなほど。
寝返りが激しい人や、子供2人用としても重宝しそうです。

Meily キャンプベッド

Meily キャンプベッド価格:¥ 6,780(Amazon)
使用時(約):180x58x10cm 
収納時(約):12x41cm
重さ:1.5kg

これは凄いです。ローコットの中でも地上高10cmのロー具合。
それに1.5kg!!重さに耐えきれるのか?と思いきや200kgまで耐えられるらしい!他の製品が80kg〜100kg程度の耐荷重の中200kgは凄いです。

クオルツ キャンパーズベッドⅡ

クオルツ キャンパーズベッドⅡ
価格:¥ 5,400(Amazon)
使用時(約):奥行き190cm×幅62cm×高さ20cm
収納時(約):長さ70cm×20cm×厚み8cm
重さ:3.95kg

Wild1のPBブランド「クオルツ」から発売されている人気のローコット。
クオルツは使い勝手がよく、耐久性のある製品を格安で販売しているイメージがあるので、気になるブランドの一つです。

スノーピークコットハイテンション

スノーピークコットハイテンション
価格:¥ 42,660(Amazon)
使用時(約):200×65×30cm
収納時(約):125×28×28cm
重さ:6.0kg

ロースタイルでベンチにしてもちょうどよい高さ30cmが非常に気になるスノーピークのコット。
値段も気になりますが、スノピなので気にしない。。
脚には軽量なアルミでは無く、剛性に優れたステンレスを使っています。同社のローチェア30も座面高が30cmなので、ベンチとして座っていても疲れにくく、統一感がありそうです。

ハイコット

地上高が35cm以上あるハイコットは、コットの下に荷物を入れたりする事ができるので、テント内を広く使うことができますし、空間にものを入れる事で底冷え対策にもなります。

キャプテンスタッグ フォールディングベッド

キャプテンスタッグ フォールディングベッド
価格:¥ 3,940(Amazon)
使用時:幅59.5×奥行188×高さ55cm
収納時(約)/24×20×長さ94cm
重さ:5.7kg

価格がとても安いコット。寝た時に腕の部分が固い金具になっていないので、窮屈感は無さそう。
座面は簡易椅子の様なイメージっぽく、あまりテンションがかかっていない様子。
収納時の状態から、頭と足の両方を引っ張ると使用できるので、設置は簡単そうです。

キャプテンスタッグ アルミGIキャンピングベッド

キャプテンスタッグ アルミGIキャンピングベッド
価格:¥ 6,370(Amazon)
使用時:(約)幅72×長さ192×高さ42cm
収納時:(約)98×18×12cm
重さ:(約)5.0kg

幅が72cmあるので、ゆったりできそう。フレーム部分がアルミの為重量も5kgに抑えられています。

クオルツ アルミGIベッド

クオルツ アルミGIベッド
価格:¥ 6,000(公式サイト)
使用時:190×63×高さ40cm
収納時:92.5×21×厚み8cm
重さ:約6.65kg

ローコットでも紹介したクオルツのハイコット。
重さが7kg弱あるので、結構な重さに感じそうです。低価格にする為に重さを犠牲にした感があります。

コールマン GIコット IV

コールマン GIコット IV
価格:¥ 24,947(Amazon)
使用時:約193×88.5×39(h)cm
収納時:約94×14×20(h)cm
重さ:約8.8kg

フレームにアルミを使用しているのに9Kg弱の重量はどういうこと?
値段もコールマンにしては強気な設定

コットの比較まとめ

ローチェア30を実際に店頭で座ってみて非常に座りやすいと思いました。
その理由は色々あると思いますが、地上高30cmの部分がしっくりくるのかもしれません。
コット自体、寝るという行為では、生地のテンションに好き嫌いが出そうですが、それ以外は重さくらいでしょうか。
スタイルに合わせると、ローかハイか必然的に決まってくると思うので。

今後ローチェア30を購入すると考えると、高さを30cmで揃えれば、子供用のベンチとして最適になりますし、統一感がでます。
しかし、今回比較してみて、地上高30cmのコットはスノーピークのみでした、どのブランドも20cmよりか40cmよりかに分かれてます。

うーん。。どれにしよう。
余裕があれば絶対にスノーピークなんだけど。

なんか、寝袋は値段と性能のバランスが顕著な気がしますが、コットってベットと違ってスプリングがついてる訳じゃないから、そこまで性能と金額のバランスが取れてるイメージができないんだよなぁ。

-キャンプ用品
-

関連記事

ガソリンランタンの使い方

ガソリンランタン使い方・マントルの空焼き・ポンピング

LEDランタンのように電池を入れてボタンを押すだけで明かりがつく照明器具は便利ですが、キャンプ初心者のイメージとしてはちょっとワイルドさに欠けます(笑) 手軽に使えるLEDランタン以外には、ガス缶を使 …

ホワイトガソリン携行缶

ホワイトガソリンの価格が高いので格安品を購入

キャンプで使用する燃料は、ガス、ガソリン、灯油、電池などが主流となっていますが、その中でも燃料費のランニングコストが安く抑えられるガソリン(ホワイトガソリン)は、ランタンやバーナーなどに使う事ができ、 …

スノーピークレクタタープL

俺のおすすめタープはコレ!買ってよかったスノーピークレクタL

真冬のキャンプに備えて、ツールームテント内をシェルターの様に使う事を思いつき、10万ほどの資金を投じてキャンプ道具を追加購入してきました。 関連:冬キャンプの寒さ対策に暖房とロースタイルの検討 その中 …

グランドシートユタカ

ツールームテントの大きいグラドシートにはコレがおすすめ

テントを購入した場合、インナーマットとグランドシートを別に用意する必要がありますが、グランドシートに限って言えば ・結露の防止 ・テント底面の傷つき防止 の2点が主な機能となります。 テントにインナー …

キャプテンスタッグEVAフォームマット ダブル

寝袋の下に敷くシュラフマットにキャプテンスタッグをチョイス

初めてのキャンプに必要な物として、これまでに ファミリーキャンプ用テント ガソリンランタン を購入しました。この段階で、まだ使用はしていないので、レビューは別記事にまとめる予定です。 あとは、寝袋(シ …


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です