ラジアルブレーキ化+メッシュホース・キャリパー組み立て

vmaxラジアルブレーキ化

ピストンの揉み出しを行っていた時、誤ってピストンが飛び出てしまい、しょうがなく、ブレーキャリパーのオーバーホールを行いました。
ピストンシールが届けば、組み立てができるので、それまでに、ラジアルブレーキとメッシュホースなどのパーツを注文しておきました。

注文したラジアルブレーキマスターは

これです。
Webikeより500円程度ですが、アマゾンの方が安かったです。
アマゾンが少し高くても、開封後でも返品、交換をしてくれるので、アマゾンで買う事の方が便利だと感じています。

そして、ブレーキホースは

こちらもアマゾンにて注文。
SWAGE-LINE製のメッシュホースは昔から聞いた事のあるメーカーですが、見た目重視で選んでみました。
車種専用設計らしく、取り付けも簡単そうです。

取り付け

vmaxメシュブレーキホース
いきなり取り付け後の画像になりますが、このメッシュホースのゴールド部分は、写真で見た通り、オレンジっぽいゴールドです。
バンジョーアダプターとホースの接続部がしっかり閉まっていないと、ブレーキを握った時にフルードが漏れてきます。
自分は漏れてきました。
そこで、ペンチを使って閉めこんだら、アルマイト塗装が剥がれてしまいました。
vmaxラジアル化

ラジアル化完了

※後日やはりフルード漏れが発生。バイク屋で見てもらった所締め付け方が緩かったとの事。
メガネレンチでしめるんだとか。
また、別にキャリパー側からも漏れていて、バンジョーボルトにうっすらと傷が入っていた為、新しいものに交換してもらいました。

メッシュブレーキホース・ラジポンは最高

結局、ブレーキピストンだけで済まそうと思っていた作業も、ピストンが抜けてしまいオーバーホールをする事になって、シールキットを注文するも、数が足りず追加注文を行い、それならラジポン化しよう。
となり、メッシュホースとラジアルブレーキを追加注文。とかなり大掛かりな作業となりました。
メッシュホース(AC PERFORMANCE LINEACパフォーマンスライン) 8,017円
NISSINラジアルブレーキマスター 14,597円
・キャリパーシール 11,492円
ピストンツール 2498円
合計36,604円

まぁまぁの金額ですが、その効果はかなりのもの。
まず、オーバーホールの恩恵だと思われますが、ブレーキの動きがいいのがすごく分かります。
握りこむと、ピストンがムニュっと出てくる感触がきもちい!

メッシュホースとラジアルブレーキは、ネット上での評判の通り、デフォルトのブレーキが、数段階のブレーキだとすると、無段階ブレーキに変わります。
少し握れば少し効き、力を入れればその分ダイレクトな反応が返ってきます。

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です