MPVのプラグを取り外して掃除をしてみた

プラグ

10万キロ程度で、程度の良いMPVを購入してから2年が経過しましたが、最近バッテリーを交換した事もあり、セルの回りは快調そのもの。
ただ、アクセルを踏んだ時の出だしでもモッサリ感は、もう少し改善するのでは無いかと思い、プラグのチェックをしてみました。
車のプラグを外すのは、実はこれが初めて(バイクはやったことがある)ので、プラグレンチを買う所からのスタートです。

近所のイエローハットへ行き
「MPV用のプラグレンチください」
店員「プラグの型は分かりますか?」
「はい。BPR6EFIX-13Pです。」
店員「それなら、21mmですね」

購入しましたが、何となく「でかすぎない?」と思ったので、店舗の駐車場で、確認をすると、入らない。
店に戻って、18mmのものに交換をしてもらい、チェックもOK。確認しとかなかったら、二度手間になる所でした。

プラグ外し

エンジンルームは熱くなっているので、イエローハットから帰ってきて、ボンネットを開けて1時間程度、放置してから作業をしました。
やりかたは簡単。

プラグコードを引っこ抜いて、穴にプラグレンチをツッコミ、回す。
3番だけやたら固くなっていましたが、無事取り外す事が出来ました。
掃除前のプラグ
取り外したプラグがこちら。

プラグは茶色く焼けるのが良いと言われていますが、どうやら、サビて茶色くなっている様に見えます。
どこかのサイトで得た情報ですが、ネジの部分も通電しているので、ここを綺麗にすると火花が飛びやすくなるとの事だったので、ブラシでゴシゴシこすってみました。

付いていたプラグはイリジウムプラグのようだったので、ネジ上部のスパーク部分はこすっていません。
掃除したプラグがこちら
掃除後のプラグ

おぉ。新品に間違えそうな綺麗さ。
後は、元に戻しエンジンを始動させます。
プラグを締め付ける力は強すぎず、弱すぎずがポイント。手で回せる所まで回したら、プラグレンチで30度程回すのが規定値。

掃除の効果はというと、、、
全く変化はありませんでした。
消耗しているのかどうかが自分では判断出来ないので、どなたか優しい方がいたら、教えてくださいませ。

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です