モトマスターフレイムディスクブレーキの塗装と装着

モトマスターフレイムディスク

先日ゲイルスピードのホイールに交換した際、ヤフオクで落札したモトマスターのウェーブディスクに付け替えました。


MOTOMASTERモトマスター/フレイム ステンローター [ブラックインナー]
MOTOMASTERモトマスター/フレイム ステンローター [ブラックインナー] 125DUKE

本当は、こういった保安部品は絶対に新品の方がいいわけですが、ゲイル化により数十諭吉が飛ぶので、妥協して中古になりました。
新品では1枚3万ほどするので、ウェーブディスクの定番ガルファーの4倍ほどの値段です。
ブレンボも左右で5万ほどなので、品物としてはかなり良いものなの?国内ではアクティブが代理店になっています。

落札したモトマスターフレイムディスクローターはフローティング構造になっていて、アウターとインナーローターが分かれていてフローティングピンがで固定されているタイプなのですが、一部だけカチャカチャ言います。
横の動きは不安ですが、振動なんかが発生するようであれば、修理ですね。

インナーローター部分はシルバーだったので、黒金仕様を目指す自分としては、塗っちゃいます。
ブレーキディスクマスキング

アウターローター部分とフローティングピンをしっかりとマスキングをして、ウレタンスプレーで自家塗装をしておきました。

モトマスターフレイムディスク装着後

1缶で2枚のディスクを5回ほど重ね塗りをし、結構綺麗に濡れました。
塗料がウレタンなので、皮膜は固いと思われます。
色味はかなりつや消しなマットブラックなので、足元が引き締まりました。

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です