再生バッテリーで十分!格安保証付きのリサクル品を購入してみた

再生バッテリー

VMAX1200も年代もののバイクですが、わが家の車は13万キロ走った平成15年式のマツダMPV(LW3W)です。
9万キロ走ったものを格安で購入し、2年程乗っていますが、まだまだ全然行ける感じ。

今年車検を通した事であと2年間は乗る事になったのですが、エンジンスタートの時、セルの音が遅くなってきており、車検の時にも「バッテリー交換した方が良い」と言われていました。

これから、エアコンを使うシーズンになりますし、古い車なので日頃のメンテナンスは重要です。
早速、近所のイエローハットに行って、適合するバッテリーを調べてもらうと、2万5千円。

車は2代目ですが、バッテリー交換は初めてだったので、その高額さに驚きました。
でもネットで調べると5千円〜7千円で同じものがあります。
もう少し詳しく見てみると、何やら「再生」とか「リサイクル」されたものと書かれています。

再生(リサイクル)バッテリーとは?

使えなくなったバッテリーを再生させて新品同様の機能に戻した上で販売されているバッテリーの事を言うみたいです。

そもそも、使えなくなる状態の半数程度は、極板に硫酸鉛の結晶(サルフェーション)が出来てしまい、電気の通りが悪くなっただけのものらしく、この結晶を綺麗に取り除いてあげれば、新品同様の性能に蘇るらしいです。

何となく分かったような分からないような。。。

再生バッテリーにした理由

まずは値段です。

MPVに合うバッテリーは、85D26Lというサイズになりますが、
イエローハットでは約25,000円
Amazonでは約15,000円
再生バッテリーは約6,500円

ネットで新品バッテリーを購入するのと比べても半分以下。ほぼ1/3の価格で買えてしまいます。

次に寿命

ディーラーやカーショップでは、バッテリーの寿命は2年〜5年と言われています。
うちのMPVは前回の交換からちょうど5年ほど経過していたので、エンジンがかかりにくくなったのだと思いますが、急に電力が弱くなることは無いので、1年前には交換しておいた方が安心だったのかもしれません。

それを考えても4年程度で交換する事になりますが、再生バッテリーの多くには、保証がついていて、1年とか2年と書かれています。
2年の保証が付いているので、あれば、2年間は何の問題も無く使えるでしょうし、2年に1度交換をしても新品バッテリーより安く済む計算になります。

それと、先日購入したバッテリー充電機セルスターDRC300もありますので、リサイクル品でもまぁ、使えるでしょう。

購入してみた

以上の理由から「再生バッテリーでも問題ないじゃん」という結論に至り、中古品を購入する事になりました。

商品が到着

再生バッテリー注文
正直、汚い箱で届くんだろうなぁと思っていましたが、しっかり新しい箱に梱包され、配送業者が逆さに取り扱わない様に工夫がされていました。


クッション材も入っていて、しっかりと管理されている感があります。

バッテリーの交換

ネットで説明書を見ましたが、簡単すぎる作業なのか、あまり詳しく書いているサイトが無く、少々不安でしたが、実に簡単交換する事が出来ました。
バッテリー交換方法
まずは、青い矢印の端子をマイナスから取り外します

赤い矢印の部分を緩めると、設置してあるバッテリーがはずれます。
少し思いので、ゴム手袋をして作業をすると、すべりません。


取り外したら新しいバッテリーをセットし、固定ネジを取り付けます。
バッテリーに繋ぐ端子は、プラスから取り付けます

取外す時は、マイナスから。取り付けはプラスからです。
これでエンジンを掛けてかかればOK。

再生バッテリーは実際どうなの?

新品との比較ではありませんが、5年つかって、セルの回りが悪くなったものとは全く比べ物になりません。
また、発進時にアクセルが重かった(少し踏み込まないと進まない)のも、変えてからはかなり軽快。

取り付けてから2週間ほどしか経過していませんが、非常にコスパの高い買い物だったと思います。

Amazon-再生バッテリー検索
【激安バッテリー市場】

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です