キャンプを始めた理由それはお出かけ費用の節約・テリトリーの拡大

キャンプを始めた理由

わが家が、夫婦、子供2人(小1女、年少女)の4人家族で、週2日土日が休みの一般的な家庭です。
このサイトの管理人である、親父の趣味はバイクと写真。

他の家庭と少し変わった事と言えば、よくおでかけをする事で、年間1万5千kmほど、走ります。
わが家の車は通勤などでは使っていないママ車なので、走行距離のほとんどは、土日の遊びという事になります。
居住地が埼玉なので、比較的どこにでも行きやすいということもあってか、休日のほとんどはどっかしらにでかけているので、夏の庭は雑草だらけ。

遊びの範囲は季節によって傾向があり、冬場は毎週スノーボードに新潟、群馬方面へ。
夏場は千葉の海や、涼しい山(栃木・茨城・山梨)などに出かけます。

おでかけのほとんどは、休み当日に
「今日どうする?」と夫婦のどちらかが言う事からスタート。
その日の気分によって
「富士山でも行ってみる?」とか
「日光でも行くか」
など、行動範囲の庭と呼べる場所が、極端に広いのです。
普通だったら、そういう距離(片道200km程度)を走るなら、ある程度下調べをして予定を組むものだと思いますが、わが家は行き当たりばったりで、目的地を決めたら、とりあえず出発。

車中で、目的地エリアをリサーチし、候補を出していきます。

少し前までは、予定を立ててから行動をしていたと記憶していたと思いますが、立てた予定がうまく回らない時に、イライラしたりするのが嫌なので、今ではその場その場で決めるスタイルになりました。

そんなわが家の無駄は、土曜日に群馬におでかけし帰宅、日曜日に群馬の別の場所に行く。
なんて事が起こりえる事。
片道300kmほどの目的になる場合は、さすがに宿泊施設を予約しますが、宿泊代も高いので、頻繁に泊まりに行くこともできません。

中禅寺湖に行った時キャンプがしたい!と思った

出かける目的があるので、毎週楽しい思い出が増えるのはいいことですが、どうしても日帰りだと行ける範囲が限られてきます。
そんななか、先日、例によって思いつきで日光の中禅寺湖に行ってきました。
目的地は、東照宮だったのですが、渋滞もなく到着したので、ゆっくりと昼食を食べ終わってもまだ13時。

「中禅寺まで行ってみますか!」といろは坂を登り、到着し、ぶらぶら散策。
散策中に、観光地によく立っている観光マップを見てみると、少し先に温泉がある事に気が付き、非常に涼しい気候だったので、そのまま足を伸ばします。

到着したのは、「湯ノ湖」という湖の近くにある湯元温泉という土地。
ここの湖が素晴らしい景観で、釣り人、絵かき、観光客がいるのですが、賑わっている感じがあまりなく、静かな場所。

「こんな所で、釣りをしながら、キャンプなんてやったら最高だろうな」
またまた、れいによって、この発言が発端となって、キャンプをやってみようという事が決定しました。

キャンプってどうすればいいの?

アウトドア派のわが家で、頻繁にバーベキュー程度はするものの、キャンプをしたことはありません。

・何が必要になるのか。
・どういった場所でキャンプができるのか。
・キャンプにはいくらかかるのか。
恐らく、これからキャンプを始めようとしている方は同じような疑問にぶつかり、色々な情報サイトを横断する事になると思います。

このサイトは、わが家の備忘録として。また私たちより後にキャンプを始める方の参考に。立ちあげました。

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です